「旅」とは、

「旅」とは、「5%の努力と、5%のお金と、90%の人々の優しさ」


ボランティアをしながら世界に笑顔を届ける - 【看護師Keiの自転車世界一周の旅】×【助け合い】 ★現在挑戦中です!


(中国武漢で自転車が盗難に遭いましたが市民数万人の皆様のお陰で取り返し、無事旅を続けています!!)

2011年11月30日水曜日

ハイになる



すっかり好きになってしまった上海を去るのはとても切ない。
まだこの街は長く居れば居るほどほんとうの味がわかってくるのかもしれない。
しかし、Andreasとマーリィはまた明日から旅を再開することになっていた。先週仕事を辞め、アパートも引き払う。二年前にスイスから自転車で来て、しばし上海で沈没。そして新たなパートナーも得て明日から再出発だ。僕とは反対の北京-大連-韓国-日本へ。

実際、「次はうちに泊まりに来てね。」とか「いつでも困ったら連絡してね。」と言ってくれる優しい上海人にたくさん巡り会えた。本当に本当に嬉しいこと。
そして上海の街もとても魅力的な場所。だけど、このまま彼らの優しさに甘えてしまったら、中国大陸最初の都市で沈没してしまいそうな予感がした。いや、沈没型旅行者の僕は必ずする。

昨夜に荷造りを済ませ、朝は早く起きてカリンバを作る。彼らへのプレゼント。
天気予報どおり今日は朝から一日雨。
前に務めていた病院の麻酔科医チャリダーが「雨の日に自転車に乗るとハイになる。」と言っていたのを思い出す。わかる気がする。音楽を聴きながらひたすらまっすぐな道を雨に打たれながら爆走する。時には歌いながらノリノリで。
ただそれも50kmくらい走ったあたりからかな、足の指の感覚がなくなってきて、楽しいどころではなくなってしまった。GPSを見るとまだ今日進む予定の距離のまだ半分くらい。
こういうときいつも思う、この辺でテントを張ろうか。
いやいや、今日の甘えが明日の苦しみ。しわ寄せが来るのはわかっている。今日出来ることは今日しておかないと。


何とかたどり着いた街、蘇州(Su zhou)。
中国人の間では杭州と並んで地上の天国と呼ばれている場所。
今夜泊めてもらったのは英語がペラペラな優しいカップル。彼女の美味しい料理と温かい「黄酒」というお酒を飲んで体が温まる。また一日報われた。映画Kick-assを見て爆笑して、楽しい夜は更けていった。

上海-蘇州
走行距離:91km
天気:雨

* お知らせ *
中国国内、you tube facebookをはじめgoogle社のサイトのほとんどもブロックされ閲覧も更新も出来ないため、ブログ更新が止まっている状態でした。しかし、遠くノルウェーに住む古き良き友人、Ryokoさんがこの度サポートしてくれることになりました。データを送りそれを元に彼女が更新をしてくれます。
いつも応援ありがとうございます。これからも旅の様子、感じたことを写真とともに書き綴っていきますのでよろしくお願いします。

Kei

0 件のコメント:

コメントを投稿