「旅」とは、

「旅」とは、「5%の努力と、5%のお金と、90%の人々の優しさ」


ボランティアをしながら世界に笑顔を届ける - 【看護師Keiの自転車世界一周の旅】×【助け合い】 ★現在挑戦中です!


(中国武漢で自転車が盗難に遭いましたが市民数万人の皆様のお陰で取り返し、無事旅を続けています!!)

2012年3月30日金曜日

-おばあちゃんの話-



一時帰国中:新しい中国ビザと盗まれた装備を整えて、自転車が待つ中国へ4/15に戻ります

先週末から少し、長野の実家に帰省した時のこと。

母親がiPad32GBを購入していたが使い方がわからず、
40歳からのiPad
という本と一緒に苦戦していた。

教えてあげると、
「わからない~。」といいながら適当に画面を強連打するものだから変な表示が乱立、
iPadのほうが混乱していたかも。

【50歳からの~・・】を見つけて来よう。

僕もモバイルパソコンのスピードに毎回頭を抱えていたが、ついにMac Book Airを購入! これまで6時間かけていた作業が2時間で出来るようになり、今後はブログも更新しやすくなること間違いなし!まずはMacに慣れていかないとね。
今後は更なる節約生活・・。 一日200円か・・。
でもね、


旅の主な出費を簡単にあげると。


・移動費:0円 自力(自転車)
・宿泊費:0円 セカトマ(世界の田舎に泊まろう!)
・食費 :0円 セカタベ(世界の田舎で食べよう!)


・ビール大瓶:30円
・牛肉拉麺 :50円
・小籠包3つ:10円

あれ?お金がなくても世界旅行ってできるんだ。
あとは、
【思いやりとお金は人のために使うもの。そうすればきっと、ふたつとも倍になって返ってくるから。】

これ神話じゃないよ。本当の話。旅とは「5%の努力と5%のお金、90%の人の優しさ」
自らが証明してみせます。






おばあちゃんの話。

東北大震災から一年。同時に、長野県北部の栄村で起こった大地震からも一年を迎える。
震災直後からおばあちゃんは栄村の仮設住宅に住む被災者の為に、半纏(はんてん)を作り始めた。一着一着手作りで、毎日毎日ミシンに向かっていた。やがてまた訪れる長野の寒い冬に間に合うように、誰に言われるわけでも、誰に言うわけでもなく。

そうして一年掛けて完成した半纏なんと40着!
10着を役場宛てに贈り、残りは個人宛に贈ったのだそう。贈り主は無記名で。
被災者の方々へ手紙を書いて添えようとしたが、悩んだ結果、結局気持ちだけを半纏に込め、手紙は入れなかった。

その話を聞きながら、贈るはずだった手紙も見せてくれた。

「おばあちゃんは遠くにいけないからね、できることをしようと思うの。」
足が不自由なおばあちゃん。いろいろ考えた末の今できる精一杯の温かい支援だった。

「栄村は昔おじいちゃんがお世話になっていたんだよ。」

今は亡き僕の祖父が、校長先生をしていたずっと前、最初の赴任場所が栄村の中学校だった。戦後でお金も食べ物も十分に無くて困っていた当時、栄村の方にも色々お世話になったのだそう。その栄村が去年大変困ったことになった。今度は私達が助ける番だ。

そんなおばあちゃんの小さくも力強く、温かい助け合いの心に感動!昔から尊敬してます。


【役場から届いた手紙】(写真が寝てしまって治らない(;-;))

先日スコップ片手に畑を耕し、ジャガイモを植え、”おばあちゃん孝行”に勤しんでいた。縁側で畑を見ながらお茶を飲み、沖縄三線を弾いてると、音を聞きつけて近所の人が集まってきた。
「見たわよ~!あら、ケイちゃん日本にいるのね~!」


地元長野にいるとゆるーい時間に浸れる。小学校や高校の友達とも久しぶりに飲めた。
長野電鉄の地下道でマイペースなギターとマイペースな三線がそろったから時間が止まるくらい、ゆるい空間になった。
               【ぶーにゃん】

Nikonの一眼レフが修理中・・早く直らないかなー(><)

Go Happy !!Support引き続きメッセージお待ちしています!】

0 件のコメント:

コメントを投稿