「旅」とは、

「旅」とは、「5%の努力と、5%のお金と、90%の人々の優しさ」


ボランティアをしながら世界に笑顔を届ける - 【看護師Keiの自転車世界一周の旅】×【助け合い】 ★現在挑戦中です!


(中国武漢で自転車が盗難に遭いましたが市民数万人の皆様のお陰で取り返し、無事旅を続けています!!)

2011年11月4日金曜日

-Daria-



僕には、旅の帰りを待っていてくれる人たちがいる。
両親はもちろん、兄弟や友達、実家の犬、僕をここまで来させてくれた人たちにまた必ず帰るって約束した。
中でも、全面的に協力してくれた最高のパートナーが、Daria.僕の恋人だ。
素人の自分よりも自転車の知識が豊富だったり、カメラの知識や海外情報など、彼女からは色々教えてもらった。それだけではない。底抜けに明るくポジティブで、好奇心旺盛、誰にでも優しい性格は、僕も見習わなきゃなって、いつも思う。

その彼女が、先日少しだけ仕事の休みを取って石垣島に会いに来てくれた。
離島に行ってママチャリで島爆走したり、ビーチで魚たちと泳いだり、沖縄料理自炊してみたり。
楽しい時間はあっという間に過ぎていった。
これで次は、いつ会えるのかわからない。楽しい間もお互いそんなことを考えていたと思う。
荷造りをしたバックパックがいつもより重い。空港まで送ったレンタカー、ハンドルが重たい。いつもより空も暗く低く感じた。カーナビが壊れて道を間違えないかな、とか、台風が来て飛行機が遅延しないかなとか。よからぬことを考える。

無事空港に到着。「じゃあ、またすぐにね。」
涙はなし!って決めてたのに、Dariaが泣くから・・。


俺のせいで貧乏旅行になってごめんね。

でも晴れ男だから、毎日雨って予報だったのに毎日晴れたよ。


 今度はDariaもmy自転車を持ってきて、中東を抜けたイスタンブールあたりで合流かな。
その時また、笑顔で再開しようね。

ありがとう

0 件のコメント:

コメントを投稿