「旅」とは、

「旅」とは、「5%の努力と、5%のお金と、90%の人々の優しさ」


ボランティアをしながら世界に笑顔を届ける - 【看護師Keiの自転車世界一周の旅】×【助け合い】 ★現在挑戦中です!


(中国武漢で自転車が盗難に遭いましたが市民数万人の皆様のお陰で取り返し、無事旅を続けています!!)

2012年10月8日月曜日

ー正義と面子ー



先日ブログに、雲南省怒江(Nujiang)の国籍がなく、その為に様々な困難と貧困に苦しむ人々のことを書いた。その怒江を取材した友達の記事が今週月曜日発行された。

没有国籍的人
http://times.clzg.cn/html/2012-10/29/content_308021.htm

彝良でも行動を共にし僕の記事を書き、昆明では彼女の上司のジャーナリストの友達の家に泊まらせていただいた。これまでの彼女の記事は、なかなか普通の人が知ることが困難だったり、またこの社会体制上なかば世間から闇に葬られてしまっている“事実”を密着取材し、届かない弱者の声を伝えている。

記事が発行されたその日から、怒江の現状を知って心を痛めた人々ら毎日数十件の寄付をしたいという電話がきている。彼女はとても喜んでいた。



しかし昨夜、僕のビザの更新拒否を受け相談にのってもらっていたとき、彼女が電話口で泣いていた。
あの記事を書いた事で、会社の上司・同僚含めて“上”からお叱りを受けたというのだ。
しかも驚いた事に、怒江の地元政府からも「なぜあんな記事を書いた。」と文句の電話もきていた。普通(の国)ならば、現状を伝え寄付を募ってくれたことにより感謝されてもおかしくないのだが、こちらの世界では話が根本的に異なる。ボランティアや慈善活動をする人々が、上から罰せられてしまう世界なのだ。なぜか。通常は国がやるべきことで、もしボランティアが必要とされた場合、それを恥ずかしいことと上はとらえるのだ。雲南地震発生から11日後に全てのボランティア撤収の命令を出した理由もおそらくそれだろう。弱者の保護よりも、しょうもない意地と面子、そして職場での地位を優先するのだ・・。



ジャーナリストというのは“上”から嫌われる職業だ。ID身分証明書も一般の人とは異なるものを持たされている。そして監視され、容易に行動を制限されてしまう。
友達のある大手インターネットメディアのジャーナリストはQQ(中国版skype)でジャーナリスト同士話をしていた時、少し上をヒハンする内容の会話をしていたら突然警察がそれぞれの家に入って来て、2人は連行されてしまった。同じように記事云々の話ではなくこういったプライベートの会話で監獄に入れられてしまったジャーナリストを何人も知っている。彼らは正義と平和の為に戦っている。それ故、敵とみなされ監獄に入れられてしまうのだ・・。



これでもジャーナリストはまだ立場は保証されているほうなのだ。その他一般の人々というのは、ハンギャク者と捉えられれば僕らの知らないところで、声をかき消され、静かに抹消されてしまう。それに対し残された家族が「なぜ?!」と問うものならば、また新たな犠牲者が出るのだ。
理不尽な話だ。。

QQやメールのハッキングは日常茶飯事だ。僕のQQも先月ハッキングされ、350人ほぼ全ての友達の連絡先と過去の会話が削除され、ログインすら出来なくなった。

Welcome to China.


~~~~~
怒江の情況(中国語)

云南省怒江州福贡县,位于怒江大峡谷中段,全境内90%以上地坡度在25度以上,人以傈僳族和怒族主,高山峡谷中共有57个村庄。

当地基本没有工,村民生活以农业为主,但耕地有限,以生的人生活在线以下的比例非常高。福贡县经济连续多年位列云南省倒数第一。

之特殊在于,于中缅边境,多年来在两地迁徙的人们产生了众多没有籍的人意味着他没有低保,没有医保,无法外出打工,子女教育受限,家中困。根据最近官方统计,福贡县境内共有13695人没有籍。其中以上帕和架科底为严重。

冬季来,山里的人普遍缺乏冬衣物和被子,大多数家中一如洗的人,任何生活用品的捐都是有需要的。另,当地教堂普遍面临维修境地,如有教会愿意帮助捐款,亦可与以下教会人士系。以下是拜访过的村寨概况。

支援希望についてのお問い合わせはfacebookを通じてご連絡下さい。

 【新聞】:雲南信息報:河原启一郎:我只是个普通志愿者



facebook: (keiichiro kawahara,

0 件のコメント:

コメントを投稿